【SAO】アニメ「ソードアート・オンラインⅡ(2期)」はおもしろい?実際に見た感想【レビュー・評価】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ソードアート・オンラインの2期ってどんなストーリー?

ソードアート・オンラインの2期は「ファントム・バレット編」「キャリバー編」「マザーズ・ロザリオ編」の3本のストーリーで構成されています。

ファントム・バレット編

ファントム・バレット編はSAO事件から1年後の世界。これまでの「SAO」や「ALO」のようなファンタジー系のMMOとは大きく世界観の異なる銃と鋼鉄のVRMMO「ガンゲイル・オンライン(GGO)」が舞台です。

銃撃戦サバイバルのVRMMO「ガンゲイル・オンライン(GGO)」のゲーム内で「デス・ガン」と名乗るプレイヤーに撃たれたプレイヤーが、現実世界で死に至るという不気味な事件が発生。

キリトはその調査を依頼されGGOに乗り込み、デス・ガンの正体を突き止めるために、たまたま近くにいた凄腕スナイパーのシノンに案内してもらい、GGO内の最強ガンナーを決める対人トーナメント「バレット・オブ・バレッツ」に挑む。

キャリバー編

キャリバー編は番外編みたいな感じで、小説だとソードアート・オンライン8 アーリー・アンド・レイトに収録されているみたい。

キリトたちが普段みんなでプレイしている「ALO」内で聖剣エクスキャリバーが発見されたというニュースを耳にする。

他のプレイヤーに先を越されないうちにと、アスナやクライン、リーファやシノン達を呼び集めて7人パーティで聖剣エクスキャリバー入手の為ダンジョン攻略に向かう。

マザーズ・ロザリオ編

キリトや仲間たちは、普段遊んでいるALO内で、自身の持つオリジナルソードスキルを賭けて対戦相手を募り、挑戦者を全員返り討ちにしている「絶剣」と呼ばれる凄腕プレイヤーの噂を耳にする。

キリトすら倒してしまった「絶剣」の実力を見極めるため、アスナも絶剣に戦いを挑むが・・・

ソードアート・オンライン2期の感想【レビュー】

ここからちょっとネタバレがあるので苦手な方は注意してくださいね。







ファントム・バレット編のレビュー

ここまでキリトはSAO、ALOと剣を使って戦ってきた剣士キャラなんですが、今回の「ガンゲイル・オンライン(GGO)」に関しては銃を使って戦うサバイバル系のMMOで、全くと言っていいほど世界観が異なります。

まぁキリトがスナイパーや重機関銃はちょっと想像できないので、小型の銃でスピードを生かして戦うのかと思いきや・・・

 

キリトさん、一人だけ剣で戦う。しかも最強・・・

 

いやいやいやwせめてもうちょっと銃使ってw

剣しか使わんプレイヤーがガンナー最強決定戦で優勝したら間違いなく剣の下方修正あるわww

ただ、1期と比べるとキリト以外のキャラクターに焦点が当たるというか、シノンがメインで描かれている場面が多かったのは普通に良かったですね。

キャリバー編のレビュー

キャリバー編はもともと番外編的な扱いということもあってか、特にエクスキャリバーを求める理由もなく唐突にクエスト挑戦が決まる感じ。

特に事件があるわけではなくゲームをプレイしているだけの3話ほどで完結する個人的には箸休め的な存在。

マザーズ・ロザリオ編のレビュー

ソードアート・オンラインの1期、2期を通して個人的に1番よかったのがこのマザーズ・ロザリオ編。

キャリバー編が特になんということもないストーリーだったので、そろそろネタ切れかな・・・と思っていたら唐突に泣かせに来るスタイルw

マザーズ・ロザリオ編は「絶剣」と呼ばれる凄腕プレイヤー・ユウキとアスナの二人が中心のストーリーになっています。

2期は全体的にですがキリトの存在感が薄まっているというか、個人的にはこれくらいでちょうどいいですね。

終末期医療という現実の問題に未来の仮想現実が作り出せる可能性を提示し、それに対しての倫理観なども考えさせられる、これホントにSAOか?というストーリー。

そこにアスナと母親とのやり取りも挟んできて、「ゲーム=悪」という価値観からの「ゲームの可能性」を提起したストーリーとしても綺麗なまとめ方がされているなと思いました。ストーリーは悲しいですが・・・

そして、そんな素晴らしいストーリーが展開される中、速攻でユウキの正体にも気づき、裏方に回ってもカッコよく立ち回るキリトさんの最強っぷりは平常運転でしたw

ソードアート・オンライン2期の感想まとめ

1期から続くキリト最強!モテモテ!な感じは相変わらず健在ですが、シノンのトラウマやマザーズロザリオ編など暗い話や、アスナの母親との関係など色々考えさせられる部分の多いアニメに変わってました。

全体的に1期と比べ暗い・悲しいストーリーが多いので、1期の敵をガンガン倒していく爽快感みたいなのはなく、人によっては1期の方が楽しめると思います。

個人的には普通に楽しく見てるだけのアニメだったんですが、マザーズ・ロザリオ編が最高だったので、途中で観るのをやめずに最後まで観て良かったなと思っています。

マザーズ・ロザリオ編のせいで、3期「アリシゼーション」への期待値が上がっちゃいましたね。3期はこれを越えてくるんでしょうか・・・

ソードアート・オンライン1期のレビューはこちら

アニメ「ソードアート・オンライン(SAO)」1期はおもしろい?実際に見た感想【レビュー・評価】
...

コメント

タイトルとURLをコピーしました