アカギ好きには絶対に読んでほしい「天-天和通りの快男児」【おすすめ麻雀漫画】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

麻雀が好きな人ならハマること間違いなしの超人気麻雀漫画「アカギ」がついに完結しましたね!

(現時点ではストーリーが途中までですが)アニメもあるので、アニメの方で初めて見てファンになった・ハマったという人も多いんじゃないでしょうか。

そんな「アカギ」にハマってしまった人には是非読んでほしいおすすめの麻雀漫画がおなじく福本伸行先生の「天-天和通りの快男児」です。

アカギと天の違い

「アカギ」はクレイジーすぎるというか、特に鷲津戦(ワシズ麻雀)が始まったあたりからは麻雀ルールも特殊ですし、キャラが特に濃くなり麻雀よりも人間の内面、生死にフォーカスし過ぎた変態漫画になっていると思っています(笑)

赤木も鷲津もちょっともうダメでしょ。色々と(笑)

まぁ、それがただの麻雀漫画としては語れない「アカギ」の魅力でもあるんですけどね。

一方の「天」は、赤木しげるが登場するものの、大人になってから(結構おじさん)の状態での登場なので、「アカギ」ほどの若さ、クレイジーさはなく、かなり落ち着いています。

主人公である「天」サブ主人公的な「ひろゆき」も赤木と比べれば普通の人間なので、「アカギ」ほどいかれた展開にはならず、理論的な麻雀対決が楽しめます。

王道の麻雀漫画としては、私は「天」が最強だと思っています。

実は「天」が先に作られた

「天-天和通りの快男児」では年を取ったアカギが登場するので、「アカギ」のスピンオフ作品的な位置づけかと思ったんですが、実は「天」の方が先に連載スタートしてるんですよね。

逆に「アカギ」が赤木しげるが麻雀に出会い伝説になるという過程を描いた「天」のスピンオフ作品だったんです!



天-天和通りの快男児

さて、ここから少しですがネタバレが入るので嫌な人はさっさと「天」を買って読みましょう(笑)

個人的にはkindleを持っていれば余裕でkindle版推しなんですが、なければ天 新装版の方が表紙がかっこいいのでおすすめ!

「天-天和通りの快男児」の主人公は「天 貴史」(表紙の点棒持ってる人)で、決して理にかなった麻雀のうまいタイプではなさそうな、序盤はアカギとは似つかないギャグ感も強いすこしほのぼのした出だしです。

この主人公・天が、「理」にかなった上手い麻雀をするサブ主人公的な存在「井川ひろゆき」と出会う(天がひろゆきとの対戦であきらかにイカサマな天和九蓮宝燈をぶちかますw)ことで「天-天和通りの快男児」の物語が始まります。

まぁ、序盤はほんとに天が明らかイカサマな天和であがったり、ひろゆきの勝った金でどんちゃん騒ぎをしたりとほのぼのと進みます。アカギファンは「え、ちょっとなにこれ・・・」って感じになるかもしれないです(笑)

ただ、「天」は1巻で見切るのは早すぎるのでもし過去に読んですぐやめちゃった人ももう一度読んでほしい!

1巻途中からひろゆきと天がヤクザの代打ちとして活躍するんですが、2巻、3巻あたりから天がただの人の良いイカサマ天和おバカキャラではなく、ほんとはガチで麻雀がうまいということがわかってきます。

※新装版は1冊のボリュームが大きく巻数が変わってくるので(通常18巻まであるが新装版は13巻)あくまで巻は参考程度に考えてください!

2巻から赤木しげるが登場!

そして何より、2巻後半では「アカギ」主人公の赤木しげるが登場します

牌を持ってるのが赤木しげる。そう、「アカギ」の作中のストーリーよりもずっと後の話で、おじさんになって「裏麻雀界の生ける伝説」的ポジションで敵として登場します。

3年前に引退したことになっており、年を取っていることもあり、「アカギ」の作品時代のクレイジーさはそこまで感じられず、落ち着いた雰囲気です。(ただし、普通の人間と比べるとはるかにクレイジーです・・・)

3巻途中からは「東西戦」

3巻途中から「東西戦」のストーリーに突入します。もうこの辺りまでくると1巻のおちゃらけムードが全くないです。天の顔つきももはや別人で違うマンガにしかみえないです(笑)

「東西戦」は赤木しげる登場からさらに2年後のストーリー。

東と西の裏プロがヤクザの莫大な利権をかけて戦うストーリーで天が東陣営のトップになり、ひろゆき、赤木と共に戦います。

この東西戦が「天-天和通りの快男児」のメインストーリーともいえる部分でほぼ最後まで東西戦が続きます。

この辺からは「アカギ」を超えるといってもいいくらいの心理・技術の駆け引きの詰まった麻雀バトルが繰り広げられます。

最後は「赤木しげるの葬式」

「天」では麻雀バトルは「東西戦」で終了し、16巻~18巻の3冊は「赤木しげるの葬式」です。

麻雀漫画なのに葬式で3巻使うとかもう意味不明ですが、この3巻は「アカギ」好きなら絶対に読んでほしい最高のストーリーです。

あのクレイジーな「アカギ」の集大成、赤木しげるが人生の終わりに語る言葉が深く刺さる3冊。「人生」「生きること」について深く考えさせられ、心を打たれます。

私は最初麻雀漫画を読んでいるつもりだったので(笑)あまりの展開に唖然としてしまいました。

先に書いたようにロジカルな麻雀漫画としての完成度もめちゃくちゃ高いですし、さらに、人生について考えさせられる葬式編のクオリティの高さ、そこに詰まった赤木しげるの魅力は、「アカギ」ファンであれば絶対に味わってほしい。そんな作品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました