完全無課金編成の宝玉獣×風霊神ウィンドローズデッキのレシピ【デュエルリンクス】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

(2018/7/2更新)

今回はスマホアプリ「遊戯王デュエルリンクス」の宝玉獣モンスターと「ハーピィの羽根帚」の効果をもったモンスター「風霊神ウィンドローズ」を組み合わせたデッキを紹介します。

完全無課金編成の宝玉獣×風霊神ウィンドローズデッキのレシピ【遊戯王デュエルリンクス】

宝玉獣×ウィンドローズデッキのレシピ
カード名/レアリティ枚数入手方法(赤字はパック)
風霊神ウィンドローズ(UR)3※異次元の塔イベント
宝玉獣 サファイア・ペガサス(UR)3ヨハンデュエル報酬
ヨハンレベルアップ報酬
俊足なカバ バリキテリウム(UR)2ランク戦URチケット
グラビ・クラッシュドラゴン(SR)2カードトレーダー
宝玉獣 コバルト・イーグル(R)3ヨハンデュエル報酬
ヨハンレベルアップ報酬
レア・ヴァリュー(UR)3ヨハンデュエル報酬
宝玉の契約(SR)3ヨハンデュエル報酬
ヨハンレベルアップ報酬
宝玉の祈り2カードトレーダー

また、風霊神ウィンドローズもイベント限定のため通常時は入手不可のカードです。ウィンドローズはイベントでは2枚、それ以外で特定種類のURチケットで入手できます。もし2枚しかないなら、ランク戦SRチケットで入手できる「疾風鳥人ジョー」を代用に使えなくはないです。1枚しかない場合は違うデッキを組んだ方が良いですね。

完全無課金編成になってるので作りやすくそれなりに戦えるデッキです。追加、入れ替えをするなら環境に応じた対策カードになってくるんじゃないでしょうか。

スキルは「受け継がれる宝玉」

スキル『受け継がれる宝玉』
※ヨハンイベントで入手できます(2018/5/29地点)
1ターンに1度、手札を1~3枚墓地へ送って使用できる。墓地へ送った枚数と同じ数の宝玉獣をデッキから魔法&罠ゾーンに置く。このスキルはデュエル中に2度まで使用できる。

「受け継がれる宝玉」は手札コストがかかるものの、ライフポイントの調整なども必要なく発動できるスキルで1ターン目から使えるのが特徴です。

手札から風属性を捨てることで墓地の風属性モンスターの枚数を調整することもできるのでよりウィンドローズが出しやすくなります。

宝玉獣×ウィンドローズデッキの使い方。

【鳥獣族/特殊召喚/効果】
このカードは通常召喚できない。自分の墓地の風属性モンスターが5体の場合のみ特殊召喚できる。
このカードが特殊召喚に成功した時、相手フィールド上の魔法・罠カードを全て破壊する。「風霊神ウィンドローズ」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。表側表示のこのカードがフィールド上から離れた場合、次の自分のターンのバトルフェイズをスキップする。

「風霊神ウィンドローズ」は場に出すと相手の魔法・罠を全破壊できるカードです。墓地に風属性モンスターが5体の時のみ特にコストなしで特殊召喚することができます。

特殊召喚できるので召喚権を使うことなく手札に複数いれば1ターンで展開することもできますし、俊足なカバ バリキテリウムや宝玉の契約を絡めればグラビ・クラッシュドラゴンと同時に展開することができます。基本的にはこの同時展開で魔法・罠を全破壊しつつモンスターはグラビクラッシュドラゴンで破壊するのが理想です。

墓地の風属性モンスターが5体以上だと出せないですし、ウィンドローズが破壊されると次のバトルフェイズをスキップしなければならないデメリットもあるので、条件が整ったら一気に決めに行きたいです。

【ドラゴン族/効果】
①:自分フィールドの表側表示の永続魔法1枚を墓地へ送り、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。その相手モンスターを破壊する。

「グラビ・クラッシュドラゴン」は永続魔法をコストに相手モンスターを破壊できます。魔法&罠ゾーンに置かれた宝玉獣モンスターは永続魔法扱いになるのでコストにすることができ、宝玉獣とはすごく相性が良いです。

宝玉の契約を絡めて場に出す場合は極力サファイアペガサスを特殊召喚すれば、サファイアペガサスの効果で宝玉獣を1体魔法・罠ゾーンに確保することができるので良いです。

風霊神ウィンドローズと同時に出せれば1ターンキルが狙えるのでそれを狙っていきます。

その他の主要カード

【獣族/効果】
①:このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。自分の手札・デッキ・墓地から「宝玉獣」モンスター1体を選び、永続魔法カード扱いとして自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
②:表側表示のこのカードがモンスターゾーンで破壊された場合、墓地へ送らずに永続魔法カード扱いとして自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く事ができる。

「宝玉獣 サファイア・ペガサス」は召喚するだけでデッキ・墓地から宝玉獣モンスターを魔法・罠ゾーンにセットすることができるのが便利です。

宝玉獣モンスターは破壊されても墓地に送るか魔法・罠ゾーンに残すか選べるので、墓地の風属性モンスターの枚数調整がしやすいです。

加えてサファイアペガサスは墓地の宝玉獣を魔法・罠ゾーンに置くことができるので墓地に風属性が6枚になってしまってもサファイアペガサスを使って回収できる可能性があるので一応頭に置いておきましょう。

【獣族/効果】
このカード名の①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
①;このカードは手札から特殊召喚できる。
②;このカードの①の方法で特殊召喚に成功した場合に発動する。相手は自分または相手の墓地からレベル4モンスターを1体選び、自分のフィールドに特殊召喚できる。

「俊足なカバ バリキテリウム」は特殊召喚可能ですが墓地にレベル4モンスターがいれば相手のフィールドに特殊召喚されてしまうので使いどころは選びましょう。

自分&相手の墓地にレベル4モンスターがいなければ②の効果は発動しないので、その場合は出して壁にしたり、1ターン目にグラビクラッシュドラゴンを出すことも可能。

もはやウィンドローズは関係ないですが、バリキテリウム⇒リリースしてグラビクラッシュドラゴンを出す+受け継がれる宝玉のスキルでサファイアペガサスを出し宝玉の契約で特殊召喚。の流れなら1ターンキルも狙えます。

【魔法】
自分の魔法&罠ゾーンの「宝玉獣」と名のついたカード1枚を選択して特殊召喚する。

「宝玉の契約」を使えば魔法・罠ゾーンの宝玉獣を特殊召喚できるので、受け継がれる宝玉のスキルとあわせていつでもサファイアペガサスを呼び出すことができます。召喚権を残せるので2体展開やグラビクラッシュドラゴンのリリースコストにもすることが可能です。

【罠】
自分の魔法・罠ゾーンの「宝玉獣」と名のついたカード1枚を墓地へ送って発動できる。相手フィールド上のカード1枚を選択して破壊する。

「宝玉の祈り」は魔法・罠ゾーンの宝玉獣カードと引き換えに相手のカードを1枚破壊できます。グラビクラッシュドラゴンが出せなくてもこのカードで相手モンスターを破壊することができます。

【デッキレシピについて】
デッキはその時期の流行りのカードの対策の必要度が高く、この形が最強!というものではないので、参考にしつつ流行りを分析して入れ替えるという試行錯誤も楽しんでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました