(2018 Series1)Sランク ディクソン[オリックス]の評価・ステータス【プロスピA】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

(2018 Series1)Sランク ディクソン[オリックス]の評価・ステータス

評価8.5/10点
【コメント】
2017 Series2と比べ球威が上がり球威タイプの投手になっています。また、中継ぎ、抑えの適正がなくなっているのは残念です。
得意球種の変化量6のナックルカーブは対人戦でも使いやすい、打ちにくい球種だと思います。
ステータス
選手名球団シリーズ
ディクソンオリックス2018 Series1
コスト最大スピリッツ投打
262800右投右打
投手適正
先発(S)中継ぎ(G)抑え(G)
球威制球スタミナ捕球スローイング肩力
76(B)73(B)70(B)42(E)39(F)61(C)
球種球速変化量(1~7)
ツーシームファスト(D)149kmなし
サークルチェンジ(C)132km2
縦スライダー(E)133km1
ナックルカーブ(A)138km6
高速スライダー(E)130km1
ストレート(E)153kmなし
カットボール(F)144km2
特殊能力効果
キレ◎キレのある変化球を投げる
・変化球の曲がり始めが遅くなる
・打者のミート中DOWN
打たれ強さ動揺状態になりにくい
・打たれても動揺状態になりにくい
・打者のミート微DOWN
・打者のパワー微DOWN
尻上がり先発時、5回以降に調子が上がってくる
・打者のミート中DOWN
・打者のパワー中DOWN

コメント

タイトルとURLをコピーしました