天使の微笑みカウンター天使デッキ(天空の聖域天罰)のレシピ【デュエルリンクス】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

(2018/04/18更新)
今回は、遊戯王デュエルリンクスの、「天空の聖域」や「天罰」を使ったカウンタートラップ中心のカウンター天使デッキを紹介します。

天使の微笑みカウンター天使デッキ(天空の聖域天罰)のレシピ【遊戯王デュエルリンクス】

カウンター天使デッキのレシピ
カード名/レアリティ枚数入手方法(赤字はパック)
天空聖者 メルティウス【UR】3※杏子イベント
冥王竜ヴァンダルギオン【SR】1闇遊戯Lv38到達報酬
智天使ハーヴェスト【SR】3※杏子イベント
天空の使者 ゼラディウス【SR】3※杏子イベント
天空の聖域【R】2ランク戦Rチケット
銀幕の鏡壁【UR】3ネオインパクト
天罰【SR】3※杏子イベント
神の忠告【SR】2ランク戦SRチケット

※杏子イベントのカードは開催されている期間以外は入手不可になります。

スキルは「天使の微笑み」

スキル『天使の微笑み』
※イシズLv13到達で入手
ドローフェイズに自分が通常のドローで天使族モンスターをドローした場合、そのカードを相手に見せ1000ライフポイント回復する。

デッキのモンスターは冥王竜ヴァンダルギオン以外の9枚が天使族なので、ドローするたびにライフを1000ポイント回復できます。

デッキを活かすには「天空の聖域」が必要

天空の聖域【R】
【フィールド魔法】
①;このカードがフィールドゾーンに存在する限り、天使族モンスターの戦闘で発生するそのコントローラーへの戦闘ダメージは0になる。

今回のカウンター天使デッキはフィールド魔法「天空の聖域」がないと使えない「天罰」や天空の聖域存在時に効果を発揮する「天空聖者メルティウス」などが主力カードになっているので、まずは天空の聖域を発動しましょう。

天空の使者 ゼラディアス【SR】
★4 【光】ATK/1600 DEF/1200
【天使族/効果】
このカードを手札から墓地へ捨てて発動できる。デッキから「天空の聖域」1枚を手札に加える。また、フィールド上に「天空の聖域」が存在しない場合、このカードは破壊される。

天空の聖域は「天空の使者 ゼラディアス」の効果でデッキから手札に加えることができます。

今回使ったカウンター罠は「神罰」と「神の忠告」

神罰【SR】
【カウンター罠】
①;フィールドに「天空の聖域」が存在し、モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した場合に発動できる。その発動を無効にし破壊する。
神の忠告【SR】
【カウンター罠】
①;自分の魔法&罠ゾーンにセットされているカードがこのカードのみの場合、3000LPを払って発動できる。
●モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。その発動を無効にし破壊する。
●自分または相手がモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚する際に発動できる。それを無効にし、そのモンスターを破壊する。

「神罰」はモンスター効果・魔法・罠をノーコストで無効にし破壊できる優秀なカウンター罠です。ただしフィールド魔法「天空の聖域」がなければ発動できないので通常のデッキにはなかなか使うことができません。

「神の忠告」は3000LPを払うことで、モンスター効果・魔法・罠に加えモンスターの召喚も無効にし破壊することができます。3000LPのコストを払うためにも「天空聖者メルティウス」やスキル「天使の微笑み」でライフポイントを回復していきます。

神の忠告にはそれ以外に、「自分の魔法&罠ゾーンがこのカードのみの場合」という制約があり、「銀幕の鏡壁」との併用ができないのが地味に痛い場面があるので注意しましょう。

メルティウスの効果が強い

天空聖者 メルティウス【UR】
★4 【光】ATK/1600 DEF/1200
【天使族/効果】
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分または相手がカウンター罠カードを発動する度に、自分は1000LP回復し、フィールドに「天空の聖域」が存在する場合、さらに相手フィールド上のカード1枚を選んで破壊する。

「天空聖者 メルティウス」は「天空の聖域」発動下ではカウンター罠の発動ごとに1000LP回復+相手フィールド上のカードを1枚破壊することができます。

存在するだけで相手にとっては驚異的な存在になります。

ただ、攻撃力は低く戦闘での優位性はないので銀幕の鏡壁で守っていきましょう。

ヴァンダルギオンは特殊召喚で簡単に出せるアタッカー

冥王竜ヴァンダルギオン【SR】
★8 【闇】ATK/2800 DEF/2500
【ドラゴン族/効果】
相手のモンスターの効果・魔法・罠カードの発動をカウンター罠カードで無効にした場合、このカードを手札から特殊召喚できる。この方法で特殊召喚に成功した時、無効にしたカードの種類により以下の効果を発動する。
●魔法:相手ライフに1500ダメージを与える。
●罠:相手フィールド上のカード1枚を選択して破壊する。
●モンスター:自分の墓地からモンスター1体を選択して特殊召喚する。

「冥王竜ヴァンダルギオン」はカウンター罠の発動で効果を無効にすることで特殊召喚可能なのでこのデッキとの相性は抜群です。

特殊召喚する事で、その時無効にしたカードの種類によって強力な効果も発動します。

ハーヴェストで墓地のカウンター罠を再利用

智天使ハーヴェスト【SR】
★4 【光】ATK/1800 DEF/1000
【天使族/効果】
①;このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた時、自分の墓地のカウンター罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。

「智天使ハーヴェスト」は戦闘破壊されることで墓地のカウンター罠を回収できます。

どちらかというと中盤以降で役に立つカードですね。天空の聖域発動下では天使族の戦闘ダメージは受けないので自爆特攻を仕掛けカウンター罠を回収することも可能です。




カウンター天使デッキの立ち回り

「天空の聖域」か「天空の使者 ゼラディアス」がデッキに合計5枚入っているので、それらを使って天空の聖域を発動しましょう。

モンスターは攻撃力が低めなので、「銀幕の鏡壁」で守ります。特に守りたいのが「天空聖者 メルティウス」なので、それ以外のモンスターはあえて守らないのも手です。

相手のカードは「天罰」や「神の忠告」で無効にしていきます。メルティウスが場にいるときはどんどん無効にして良いですが、いない場合は致命的な効果以外はあえて通しても良いです。モンスターの攻撃力は低めなのでメルティウスをカウンター罠に絡めて相手カードを削っていかないとなかなか勝つのは厳しいので、カウンター罠の乱発でジリ貧になるのは避けたいです。

カウンター天使デッキの得意なデッキ

融合や儀式など、1体のモンスターを出すのに手間のかかるデッキや、何枚かのカードを揃えてギミックで勝負するようなデッキにはかなり強いです。

機械天使デッキや融合D・HEROデッキなど環境トップクラスのデッキとも十分に戦っていけます。

カウンター天使デッキの苦手なデッキ

とにかく攻撃力不足なのが弱点なので、ただカードの攻撃力で殴ってくるようなデッキには弱いです。強力な下級モンスターでガンガン押してくるビートデッキなどは銀幕の鏡壁の引きが相当良くないと苦しいです。

また「炎舞-玉衝」などでカウンターできずにセットカードを封じられると、その後「神の忠告」も使えなくなりかなり苦しい展開になります。

 

【デッキレシピについて】
デッキはその時期の流行りのカードの対策の必要度が高く、この形が最強!というものではないので、参考にしつつ流行りを分析して入れ替えるという試行錯誤も楽しんでくださいね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました