機械天使デッキの基本的な使い方【デュエルリンクス】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、遊戯王デュエルリンクスで長く環境上位の強さを維持し続ける「機械天使デッキ」の基本的な使い方について書いていきます。

デュエルリンクスの「機械天使」関連のカード

サイバー・エンジェル-茶吉尼-【SR】
★8 【光】ATK/2700 DEF/2000
【天使族/儀式/効果】
「機械天使の儀式」により降臨
①;このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。相手は自身のフィールドのモンスター1体を墓地へ送らなければならない。
②;このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分の儀式モンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。
③;自分エンドフェイズに自分の墓地の儀式モンスター1体または「機械天使の儀式」1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。
サイバー・エンジェル-韋駄天-【R】
★6 【光】ATK/1600 DEF/2000
【天使族/儀式/効果】
「機械天使の儀式」により降臨
①;このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。自分のデッキ・墓地から儀式魔法カード1枚を選んで手札に加える。
②;このカードがリリースされた場合に発動できる。自分フィールドの全ての儀式モンスターの攻撃力・守備力は1000アップする。
サイバー・エンジェル-弁天-【R】
★6 【光】ATK/1800 DEF/1500
【天使族/儀式/効果】
「機械天使の儀式」により降臨
①;このカードが戦闘でモンスターを破壊し墓地へ送った場合に発動する。そのモンスターの元々の守備力分のダメージを相手に与える。
②;このカードがリリースされた場合に発動できる。デッキから天使族・光属性モンスター1体を手札に加える。

「サイバー・エンジェル-茶吉尼-」は「機械天使の儀式」と合わせて2枚までしかデッキに入れられない制限カードです。

「サイバー・エンジェル-韋駄天-」は現状1枚しか入手することのできないカードです。

機械天使は「サイバー・エンジェル-韋駄天-」をリリースすることで儀式モンスターの攻撃力・守備力を1000アップする効果を利用して、攻撃力3700の「サイバー・エンジェル-茶吉尼-」を出すのが基本的な戦い方になります。

機械天使の儀式【R】
【儀式魔法】
「サイバー・エンジェル」儀式モンスターの降臨に必要
①;レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、手札から「サイバー・エンジェル」儀式モンスター1体を儀式召喚する。
②;自分フィールドの光属性モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。
機械天使の絶対儀式【SR】
【儀式魔法】
「サイバー・エンジェル」儀式モンスターの降臨に必要
①;レベルの合計が儀式召喚するモンスターと同じになるように、自分の手札・フィールドのモンスターをリリース、またはリリースの代わりに自分の墓地から天使族または戦士族のモンスターをデッキに戻し、手札から「サイバー・エンジェル」儀式モンスター1体を儀式召喚する。

機械天使の儀式魔法は「機械天使の儀式」と「機械天使の絶対儀式」の2種類があります。
「機械天使の儀式」は「サイバー・エンジェル-茶吉尼-」と合わせて2枚までしかデッキに入れられない制限カードです。

覚えておきたい違いは「機械天使の儀式」はリリースするモンスターのレベルが儀式召喚するモンスターのレベルを上回っていればOKですが、「機械天使の絶対儀式」の方はレベルがぴったり同じでないと使えません。ただし、絶対儀式の方は墓地のモンスターをデッキに戻すことで儀式のコストにすることができます。

また、「機械天使の儀式」は墓地にある場合光属性モンスターが破壊される代わりに除外することができ、場のモンスターを守ることができます。

サイバー・プチ・エンジェル【R】
★2 【光】ATK/300 DEF/200

【天使族/効果】
「サイバー・プチ・エンジェル」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①;このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「サイバー・エンジェル」モンスター1体または「機械天使の儀式」1枚を手札に加える。

「サイバー・プチ・エンジェル」は「サイバー・エンジェル」モンスターと「機械天使の儀式」の中から好きなものをサーチできる優秀な能力を持っています。

「機械天使の絶対儀式」はサーチできないので注意しましょう。




機械天使の基本的な使い方

①韋駄天と弁天が手札にあるパターン

手札に韋駄天+弁天+儀式魔法がある

基本的には「機械天使を出せる儀式魔法」+「サイバーエンジェル韋駄天」+「サイバーエンジェル弁天」が手札にあれば攻撃力3700の「サイバーエンジェル茶吉尼」を出すことができます。

まず弁天をリリースして韋駄天を儀式召喚します。

弁天はリリースすることでデッキから天使族・光属性モンスターを手札に加えることができ、韋駄天は儀式召喚する事でデッキか墓地の儀式魔法を1枚手札に加えることができます。

ここで、「サイバー・プチ・エンジェル」か「センジュ・ゴッド」1枚と、「機械天使の儀式」を手札に加えます。

加えたモンスターを場に出し、効果を使って「サイバーエンジェル茶吉尼」を手札に加えます。

場に出ている韋駄天をリリースし、茶吉尼を儀式召喚する事で攻撃力・守備力1000アップの茶吉尼を場に出せます。

②サイバープチエンジェル+韋駄天or弁天のパターン

(3枚のうち2枚)
手札にサイバープチエンジェル+韋駄天・弁天・儀式魔法のうち2枚

手札に「サイバー・プチ・エンジェル」があり、韋駄天か弁天か儀式魔法の3種類のうち2種類が手札にある場合でも攻撃力3700の茶吉尼が出せます。

この場合はサイバープチエンジェルで、韋駄天か弁天、機械天使の儀式のうち手札にないものをデッキから手札に加え、弁天をリリースして韋駄天を出します。

このパターンだと、弁天の効果で茶吉尼を手札に加えましょう。

③センジュゴッド+韋駄天or弁天のパターン

or
手札にセンジュゴッド+韋駄天or弁天+儀式魔法

「センジュ・ゴッド」の場合は儀式魔法のサーチができないので、儀式魔法+韋駄天か弁天のどちらか1枚が揃っていることが条件になります。

センジュゴッドで韋駄天か弁天の足りないほうをサーチして同様に弁天リリースで韋駄天を出して茶吉尼をサーチする流れです。

後攻なら1ターンで勝つことも可能

この流れで攻撃力3700の茶吉尼が出せ、茶吉尼の効果で相手はモンスターを1体リリースしなければならないので、後攻1ターン目であれば+攻撃力300以上のモンスターも場に出せていれば1ターンで勝利することも可能です。

また、海馬瀬人やクロノスのスキル「粉砕」を使えばさらに攻撃力が300アップし4000になるので、茶吉尼1体でも1ターンで勝利できます。

ただ、茶吉尼自体が制限カードで、「竜姫神サフィラ」や「輝神鳥ヴェーヌ」と組み合わせて使われることがほとんどで、相手の伏せカード次第なので実際はもっと複雑になりますが、最低限上記の動きを覚えておけば応用が利きますし、考える時間を減らしスムーズにプレイできるので覚えておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました