無課金でも作りやすい!パックカードなしの進化ガンドラデッキのレシピ【デュエルリンクス】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

(2018/04/06更新)
今回は、遊戯王デュエルリンクスの「海馬モクバ」のスキル「モンスターチェンジ・進化」と「破壊竜ガンドラ」を使った、パック産カードなしの無課金の人でも作りやすいデッキを紹介します。

無課金向け進化ガンドラデッキのレシピ【遊戯王デュエルリンクス】

無課金向け進化ガンドラデッキのレシピ
カード名/レアリティ枚数入手方法(赤字はパック)
破壊竜ガンドラ【UR】2武藤遊戯初期デッキ
武藤遊戯デュエル報酬
ランク戦URチケット
真紅眼の黒竜【UR】3城之内勝也初期デッキ
ダイナソー竜崎初期デッキ
カードトレーダー
レッドアイズ・インサイト【SR】2ランク戦SRチケット
死皇帝の陵墓【SR】3カードトレーダー
エネミーコントローラー【SR】2海馬瀬人デュエル報酬
ランク戦SRチケット
打ち出の小槌【R】2カードトレーダー
レッドアイズ・スピリッツ【SR】2ランク戦SRチケット
ホーリーライフバリアー【R】2ランク戦Rチケット
アヌビスの呪い【R】1リシドLv21到達報酬
イタクァの暴風【R】1孔雀舞Lv25到達報酬

パック産のカードを全く使っていないので、かなり作りやすい編成です。

スキル「モンスターチェンジ・進化」で破壊竜ガンドラを出す

スキル『モンスターチェンジ・進化』
※海馬モクバLv4で入手できます。
1ターンに1度、自分のライフポイントが1500減る毎に使用できる。フィールドのトークン以外のモンスター1体を墓地へ送り、元々の属性・種族が同じで、レベルが1つ高い通常召喚可能なモンスター1体をデッキからランダムに選んでフィールドに出す。

海馬モクバのスキル「モンスターチェンジ・進化」はライフポイントが1500減る毎に発動できます。★7・闇属性の「真紅眼の黒竜」を★8・闇属性の「破壊竜ガンドラ」に置き換えるのが目的です。

このデッキには★8・闇属性モンスターは「破壊竜ガンドラ」のみなのでスキルを使えば100%ガンドラを場に出すことができます。

2枚のガンドラが両方手札にいるとスキルが使えないので、「打ち出の小槌」でデッキに戻すようにしましょう。

破壊竜ガンドラ【UR】
★8 【闇】ATK/0 DEF/0
【ドラゴン族/効果】
このカードは特殊召喚できない。
①;LPを半分払って発動できる。このカード以外のフィールド上のカードをすべて破壊し除外する。このカードの攻撃力は、この効果で破壊したカードの数×300アップする。
②;このカードを召喚・反転召喚したターンのエンドフェイズに発動する。このカードを墓地へ送る。

破壊竜ガンドラはライフを半分払うことで場のカードを全破壊し、自身の攻撃力を破壊したカードの数×300アップすることができます。

ですが、このカードは召喚ターンのエンドフェイズに墓地に送られる効果があるので、通常1ターンしか場に存在できない、フィニッシャーかリセットの役割を持ったカードです。

ただし、「モンスターチェンジ・進化」を使うことで、召喚でも特殊召喚でもなくフィールドに出すことができるので、②の効果が発動せず、ずっと場に残り続け毎ターンフィールド上のカードを全破壊してパワーアップしていきます。

遊戯王デュエルリンクスのゲーム性ならではの効果なのでおもしろいですね。

おなじみの防御札に加え、ホーリーライフバリアーが強い

ホーリーライフバリアー【R】
【罠】
手札を1枚捨てて発動できる。このターン、相手から受けるすべてのダメージは0になり、自分のモンスターは相手モンスターとの戦闘では破壊されない。

ランク戦Rチケットで交換できる「ホーリーライフバリアー」は、自分モンスターの戦闘破壊阻止と相手から受けるすべてのダメージを0にする効果があります。

ガンドラの効果でライフポイントがギリギリになり、ガンドラ自身も守らなくてはならないこのデッキと相性が良いので是非投入しておきたいカードです。

戦闘破壊以外の効果破壊などには対応できないので、剣闘獣や猪突猛進などには弱いです。相手のデッキ傾向から判断して場合によってはエネミーコントローラーやアヌビスの呪い、イタクァの暴風といったおなじみ防御カードを優先しましょう。




進化ガンドラデッキの立ち回り

【最高の形】
①「死皇帝の陵墓」の効果で2000LPを払い、「真紅眼の黒竜」を召喚。
②モンスターチェンジ・進化で「破壊竜ガンドラ」を場に出す。
【別パターン】
①「レッドアイズ・インサイト」を使い「真紅眼の黒竜」を墓地送り、「レッドアイズ・スピリッツ」をサーチ
②1500以上ライフを減らした後「レッドアイズ・スピリッツ」で「真紅眼の黒竜」を特殊召喚。
③モンスターチェンジ・進化で「破壊竜ガンドラ」を場に出す。
「エネミーコントローラー」「アヌビスの呪い」「イタクァの暴風」「ホーリーライフバリアー」でガンドラを守りながら効果を使い全破壊、相手に直接攻撃していく。

死皇帝の陵墓を使って真紅眼の黒竜を出す形が最も理想で、スキル発動に必要なライフポイント調整も同時にすることができます。

陵墓もガンドラの効果で破壊するので相手に使われる心配もなく攻撃力アップの足しになります。

死皇帝の陵墓と真紅眼の黒竜が手札にない場合は相手の攻撃を受けライフポイントを減らし、「レッドアイズ・スピリッツ」を使うしか選択肢がなく、相手が警戒して1ターンキルできる状態まで攻撃してこなければ戦えないのがキツイです。

パックから手に入る相性の良いカードは?

今回の破壊竜ガンドラデッキは無課金でも確実に作れるような編成になっていますが、パック産でかなり相性の良いカードもあります。

一番相性が良いと思うのは「銀幕の鏡壁」で、2000ライフポイントを払うことでスキル発動の条件を満たすので「レッドアイズ・インサイト」があればガンドラを出せますし、ガンドラが場に出た後は優秀な防御カードとして役に立ちます。

もう一枚は「クリボール」です。防御用の魔法・罠を伏せていても、ガンドラの効果を使えば破壊することになりますが、クリボールは手札から発動できるので場に伏せなくてもよく、無駄に消費することがないのでオススメです。

どちらもメインパックのURで入手難易度は高いですが持っていればデッキに加えるとより戦いやすくなります。

 

【デッキレシピについて】
デッキはその時期の流行りのカードの対策の必要度が高く、この形が最強!というものではないので、参考にしつつ流行りを分析して入れ替えるという試行錯誤も楽しんでくださいね。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました