(3/16~)ワールドスターがガチャで再登場!Sランク当たりランキング【プロスピA】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018/3/16~3/22までの期間限定で2017 Series2のワールドスター(WS)が再登場しています。
入手できていなかった人にとってはラストチャンスが巡ってきて良かったですね。

個人的なワールドスター選手の当たりをランキング形式にしてみようと思います。

毎度のことですが、私の主観で選んでいる部分があります。
好きな選手や不足しているポジションの選手がでればうれしいと思うのであくまで参考にご覧ください。

【プロスピA】ワールドスター(2017 Series2 WS)Sランク選手5名の当たりランキング

《1位》ダルビッシュ有[日ハム]

球威・スタミナが同値なので両方のコンボに絡めますし、変化量6のスラーブが対人戦だとかなり打ちにくいです。プロスピコロシアムのような新イベントも出てきていますし需要は使える場面が増えてきているんじゃないでしょうか。

普通に投手としても能力が最高クラスで球種も多く、スローカーブのような緩急も使えるので申し分ないです。

《2位》田中 将大[楽天]

投手能力オール(A)で変化量6のSFF(S)が魅力的です。CPU戦ではかなり三振も取りやすいかと思います。

カーブ方向のスライダーが結構鋭く落ちるので対人戦でも使える選手です。
制球とスタミナが同値ですが、両方のコンボを発動させるのが結構難しく、良い投手が球威高めのことが多いので微妙なところです。

《3位》前田 健太[広島]

スライダーの良い先発です。上位2名より能力的には落ちますが十分戦力になります。
スローカーブもあるので緩急も使えるのは良いですね。

個人的には対人戦でのスライダーとスロースライダーの組み合わせの打ちにくさがどの程度なのか気になります。

《4位》岩隈 久志[楽天]

フォークが良いのでCPU戦の自操作で三振が取りやすそうです。
ステータスもかなり高い先発投手ですが、制球のコンボ発動が難しいので、そういう意味では前田健太[広島]の方がオーダーに入れやすいんじゃないでしょうか。

《5位》上原 浩治[巨人]

中継ぎ適正が(G)で、抑えとしても先発としてももっと優秀な選手が多いので使いどころに悩む選手ではあります。

むしろ2018シリーズで中継ぎとして登場する可能性が高いのでそちらの方が期待大です。
あとはタイムスリップでの先発としての登場などもあったらおもしろいですね。

プロスピA 2017ワールドスター再登場のまとめ

青木選手がいないのは上原選手と違い早い段階で2018シーズンでの日本球界復帰が決まっていたからでしょうか。

個人的にダルビッシュ選手は欲しいですが今回はエナジー量も考えてスルーしようと思います。10連3回でWS確定で、大きくハズレの選手もいないので、先発がかなり不足している人は回してみても良いのではないでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました