【マインクラフト】Java版を購入してWindows10版を無料でもらう方法【マイクラ】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

従来のPC版『Minecraft』は『Minecraft: Java Edition』となり、新たにニンテンドースイッチやXBOX ONEなどとクロスプレイが可能な、『Minecrtaft: Windows10 Edition』が登場し、PCでは2種類のマインクラフトが登場しましたが、実は従来のマインクラフトを既に持っている場合は、Windows10版を無料で入手することができます。

もちろんこれからPCでマインクラフトの購入を考えている方も、Java版を購入すればWindows10版を無料で入手することができるので、まずはJava版を購入しましょう。

内部リンク:【2018年版】Java版 マインクラフトの購入方法【Minecraft Java Edition】

Minecraft Java版を購入してWindows10版を無料でもらう方法

Microsoft アカウントの確認

マインクラフトのWindows10版を入手するには、Microsoft アカウントが必要です。
普段マイクロソフトアカウントを利用しない人は、まずMicrosoft アカウントにログインできるかパスワードなどを再確認しましょう。

万が一マイクロソフトアカウントを新規作成する場合はこちらから行うことができます。
Windows10なら普段使っているMicrosoft アカウントがあるはずなのでまずチェックしてください。

MojangのアカウントからWindows10版のコードを入手


マイクロソフトアカウントが確認出来たら、java版を購入したMojangアカウントにログインします。

My Gamesの欄、Minecraft:Java editionの下にMinecraft for Windows 10という欄があるので、[Claim your free copy]をクリックします。

ここで、Microsoft アカウントへのログイン画面が表示されます。ここでチェックしておいた、普段利用しているMicrosoft アカウントにログインします。

コードが入力された状態で画面が表示されるので、そのまま[次へ]をクリックします。

取得できるものとしてMinecraft for Windows 10が表示されるので、間違いなければ[確認]をクリックします。

Microsoft Storeからインストール


コードを使ったMicrosoft アカウントでログインできていれば(右上のプロフィールで確認可能)Microsoft Storeから、Minecraft for Windows 10がダウンロードできるようになっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました