【プロスピA】基本機能『特訓/限界突破/継承』について

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プロスピA 基本機能『特訓/限界突破/継承』

特訓/限界突破/継承では、選手の特訓レベルのアップ、限界突破や継承を行うことができます。

特訓


特訓では選手の特訓レベルを上げることができます。
特訓レベルは最大10まで上げることができ、レベルを上げることでスピリッツや能力がアップします。

特訓レベルを上げるには、特訓ベース選手を選択し、その後、トレーナー選手を選択します。
トレーナー選手はコーチ含め最大5人まで同時に選択でき、同時選択したトレーナーの成功率を足したものがその特訓の成功率になります。(最大100%)

特訓の成功率

トレーナー選手(LvMAXではない場合)
↓ベースSランクAランクBランクCランクDランク
Sランク50%30%5%0.3%0.1%
Aランク100%40%20%0.5%0.3%
Bランク100%100%30%2%0.5%
Cランク100%100%100%10%2%
Dランク100%100%100%100%10%

 

トレーナー選手(LvMAXの場合)
↓ベースSランクAランクBランクCランクDランク
Sランク100%60%15%3%1%
Aランク100%100%60%5%3%
Bランク100%100%100%20%5%
Cランク100%100%100%100%20%
Dランク100%100%100%100%100%

限界突破

ベース選手と同名の選手を特訓のトレーナーにすることで、限界突破ができます。
限界突破することで、選手の最大レベルを1上げることができます。
限界突破以降のレベルアップでは選手能力は上がらず、スピリッツのみ大幅にアップします。

限界突破は最大5回行うことができ、限界突破回数に応じて『超1』、『超2』と表記されます。
超5の選手のLvと特訓Lvを最大まで上げると、ランクアイコンに『極』と表記されます。

限界突破 トレーナーの条件

限界突破するにはトレーナーが①~③のいずれかの条件を満たしている必要があります。
①ベース選手と同名、同ランク以上の選手
②ベース選手と同名、1ランク下でLvMAXの選手
③ベース選手と同名、1ランク下で特訓LvMAXの選手

入手困難なSランク選手の限界突破は②、③の手法が中心になってくるかと思います。


限界突破の条件を満たしているトレーナー選手は、選択時に『限界突破』と表示されるのでチェックしましょう。

サブポジションのスピリッツ低下

通常、サブポジションの守備/投手適性がB以上でない場合、『ポジション不適性』によりスピリッツが低下します。

選手を超3以上に限界突破させると、限界突破回数に応じて『ポジション不適性』によるスピリッツ低下が発生しなくなります。

 限界突破回数スピリッツ低下なし
超3適性C以上
超4適性D以上
超5/極適性F以上

5回限界突破することで最終的に適性F以上のサブポジであればスピリッツ低下なしで配置することができます。

継承

特訓のトレーナーに継承可能な同名、同ランク選手を選択することで、『限界突破回数』、『特訓Lv』、『特殊能力Lv』を継承することができます。

継承 トレーナーの条件

継承のトレーナー選手は、ベース選手と同名、同ランクの選手で、レベルが上限に達している必要があります。

継承の条件を満たしているトレーナー選手は、選択時に『継承可能』と表示されるのでチェックしましょう。

継承で引き継ぐことができるもの

 限界突破回数限界突破回数を加算
特訓Lvトレーナーの特訓Lvマイナス5を加算
特殊能力Lvトレーナーの特殊能力Lvマイナス3を加算

トレーナー選手の限界突破回数、特訓Lv、特殊能力Lvがすべて最大の場合は、ベース選手に限界突破回数+5、特訓Lv+5、特殊能力Lv+2が加算されます。

特殊能力Lvは1個目の特殊能力はベース選手の1個目の特殊能力に、2個目の特殊能力はベース選手の2個目の特殊能力に加算されます。

継承前に確認画面で引継ぎできるものが表示されます。

最新版のSランク選手が当たっても継承を利用することで過去のSランク選手の育成分をある程度引き継ぐことができるので、安心して育成することができますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました